ハーレー車検対応マフラーはベルズパフォーマンスで決まり!?

sawa

ハーレーのマフラーを交換したいけど,どこのメーカーが良いんだろ?

 

sawa

高い買い物して純正マフラーより少し変わった程度の音ならバカらしいし、とは言っても爆音で自宅で暖気も出来ない状態も論外だしな

 

sawa

低音が効いたちょうど良いマフラーはないかな?

 

ということで,今回は「ハーレー車検対応マフラーで良さげなマフラー」を見つけたので紹介したいと思います。

 

ハーレー車検対応マフラー『ベルズパフォーマンスマフラー』とは?

 

ハーレー乗りであれば,ハーレー独特の低音が効いたドコドコサウンドで走りたいのは当たり前!

 

ただ,ドコドコサウンドを奏でるほとんどのマフラーは社外マフラーで車検非対応のモノが多いのが現状!

 

ハーレーの車検を受ける時に,純正マフラーに交換して車検が終わったらまた社外マフラーに交換してというのが大体の流れ!しかも,マフラー交換をするたびにガスケットの交換が必要で,意外と費用と手間がかかる!

 

ここ最近は,マフラーの騒音や排気ガスなどの規制が強化されてきて将来的にも現状より取り締まりが一段と厳しくなると思われる状況の今,ハーレー乗りの注目を浴びているのが車検対応の『合法マフラー』

 

 

その注目を浴びている合法マフラーが「ベルズパフォーマンス」!

 

 

ベルズパフォーマンスマフラーは,長年ハーレーのインジェクションチューニングなどに携わってきた『シャフト』という会社がハーレーユーザーの「良い音でなおかつ車検対応のマフラーが欲しい」という意見を元に開発を進めて完成させた合法マフラー。

 

他のマフラーと違うベルズパフォーマンスの特徴とは?

 

  • 安心の国内生産!
  • シャーシダイナモで測定しながら開発!
  • 低音が効いたマフラー音

 

ポイント1 安心の国内生産!

 

ベルズパフォーマンスの特徴は『国内生産』であるということ!

 

国内生産の強みは,万が一マフラーに不具合が起きたり,使っていて壊れたりしてもすぐに対応ができるところ!

 

海外の社外マフラーが壊れたり,不具合が起きた時は修理までに場合によっては数ヶ月かかることもある!

 

その点では,ベルズパフォーマンスのマフラーは国内生産でアフターケアはしっかりしている!

 

また,ベルズパフォーマンスマフラーに使用する材料は,JIS規格に適合した高品質の材料を使っている。

 

マフラー製作のスペシャリストがハンドメイドで1つ1つ丁寧に作っている。

 

JIS規格とは?
日本工業規格(Japanese Industrial Standards)の略。工業標準化法に基づき、日本工業標準調査会の答申を受けて、主務大臣が制定する工業標準であり、日本の国家標準の一つ

 

ポイント2 シャーシダイナモで測定しながら開発!

 

ベルズパフォーマンスが装着されたハーレーをシャーシダイナモ上で実際に走らせて,パワーやトルクの特性などの多くのデータを収集してベルズパフォーマンスマフラーは開発されている。

 

そのデータを分析し開発に活用することで,排気音を基準値内に収めながらパワーアップも可能にしている。

 

純正エキパイにベルズパフォーマンスマフラーをポン付けしただけでもパワーアップする。さらにインジェクションチューニングをすれば馬力はノーマルより17.4hp,トルクは3.31kg-m向上し性能面でも優れていることを証明している。

 

シャーシダイナモとは?
自動車の動力性能や走行抵抗を測定する装置。シャーシダイナモメーターの略。自動車をローラーの上に載せ、負荷をかけたローラーを駆動輪で回転させることで馬力やトルクを測定する。

 

ベルズパフォマンスマフラーの参考動画!

 

ベルズパフォーマンスは車検対応マフラーのため抜けの良い社外マフラーと比べてしまうとドコドコ感は劣ってしまうが,車検対応マフラーでこのマフラーサウンドと性能面のパワーアップができれば十分納得!

 

 

ただ,価格が結構高いのでそこが気になる点。

 

価格は160000〜170000円。

 

スポーツスター用は少し安くなり120000〜140000円。

 

カラーはクロームとブラックの2色展開。

 

ブラックの方が価格が高くなっている。

 

 

まとめ!

いかがだったですか!

 

今回は「ハーレー車検対応マフラーベルズパフォーマンスマフラー」を紹介してみました。

 

こんな人にベルズパフォーマンスマフラーはオススメ!

  • 車検毎に純正マフラーに交換するのがめんどくさい人
  • 低音が効いたほどよいドコドコ感を味わいたい人

 

ハーレーのドコドコ感を存分に味わって走りたい人にはベルズパフォーマンスは物足りないと思う。

 

これからはバイクのカスタムも環境問題を無視できなくなり,環境基準に適合した合法マフラーの重要性は一層高まってくるのではないかと思います。

 

少しでも読んでくれた方の参考になれば嬉しいです。

 

ツイッター・インスタグラムもやっていますのでチェックの方よろしくお願いします。

 

ではでは〜今日はこの辺で〜またね〜( ^ω^ )

 

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です