ツーリング初心者に役立つ3つのバイクライディングテクニック!

sawa

明日は初めてのバイクツーリング!!楽しみだけど緊張するなぁ!

仲間に迷惑かけないようにしないとなぁ〜!!

初心者に役立つツーリングでのライディングテクニックを知りたいなぁ!

 

今回は「ツーリング初心者に役立つ3つのバイクライディングテクニック」を紹介します。

ツーリングに役立つ3つのライディングテクニックを紹介!

仲間のバイクの真後ろを走るのは危険!斜め後ろを走ろう!

 

ツーリングで仲間の真後ろを走ってしまう行為は初心者にありがちです。

 

実は私も初めてツーリングでしたことがあります。

 

初めてのツーリングでは「置いて行かれないようについて行かないといけない!!」っていう気持ちで前のバイクの真後ろを走ってしまうことがありますが,これが結構危険な走り方になります。

 

え,なんで危険なのかって!

 

1つ目の理由は真後ろを走ると前の道路状況を確認することができないから!

 

前のバイクに乗っている人の背中ばかりを見ることになってしまい,とっさの状況判断が遅れてしまう!

 

急カーブに対応できないなんてことも!

 

2つ目は前のバイクが急停止したり,減速したりした場合,真後ろを走っているとそのまま追突してしまう可能性が高いから!

 

仲間とツーリングで走るときは前のバイクの斜め後ろを走るようにしよう!

 

こうすることで前方の視界も確保でき,追突することもなくなる!

 

台数が多いときは,交互に斜めにズレた千鳥走行をしよう!

 

斜め後ろを走っていれば安全に状況判断できる!

 

走行中は車に自分の姿をしっかりアピールしよう!

バイクは走行中常時ライトが点灯しているから,車を運転しているドライバーにもちゃんと気づいてもらえていると思ったら大間違い!!

 

「え!!この距離感で右折する!?あと、少しでぶつかりそうだった」ってこと経験したことないですか?

 

私はバイクを運転していて何回も経験してますが,それだけバイクって見落とされやすいし,バイク自体車に比べて小さいから,距離感が短くてもドライバーには遠くに感じることがあります。

 

他にも前や横を走っている車が急に割り込んできたり,道を急に塞いだりすることもあります!

 

こういった時ってバイクがドライバーに見えてないことが多いらしい!

 

車にはサイドミラーやルームミラーが装備されてはいるけど,車のフレームなどで死角の部分も意外と多い!

 

その死角にバイクが入り込んでしまうとドライバーにはバイクの存在は全然気づいていないことになる!

 

そこで、車の後ろまたは横に並んで走るときは車のサイドミラー,ルームミラーに自分の姿が映るポジションで走ろう!!

 

1番大事なことは車間距離をしっかりとること!!

 

ツーリング中に無理して仲間について行かない!!

ツーリング中,前のバイクについて行くことに必死で急に信号が赤になっても無理してついて行こうとしてないですか?

 

他にも前のバイクが追い越しをして,「はぐれたらいけない!」って思って無理して追い越しをしてついて行こうとしてないですか?

 

無理して追い越した先が急カーブだったり,運悪く対向車が来たりする場合もあります!

 

そうなったら大事故になるのは言わないでも分かりますよね!

 

置いて行かれたら焦ってしまう気持ちはわかりますが,そこはグッと気持ちを抑えて冷静に対応しましょう!

 

無理について行って危険を冒すより,置いて行かれて迷う方がマシですよね!

 

先頭で走るライダーは後続車のことも考えて,信号などで途切れた場合は先の路肩で停止して後続車を待つなどの配慮をしよう!

 

事故するよりも置いて行かれる方がマシ!!ってくらいの心に余裕を持とう!

 

まとめ!

いかがだったですか!

 

今回は「ツーリング初心者に役立つ3つのバイクライディングテクニック」を紹介しました。

 

これから初めてのバイクツーリングをする人,バイクの免許を取ってツーリングを楽しみたいと思っている人に向けて記事を書かせて頂きました。

 

仲間とのツーリングは本当に楽しいです!!

 

でも小さなトラブルもつきものなのも事実です!

 

これから遭遇するかもしれない事故やトラブルを予測して未然に防ぐことができるよう,この記事がみなさんの参考になれば嬉しいです!

 

ではでは〜今日はこのへんで〜またね〜( ^ω^ )

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です