知っておきたいライディングテクニック!これだけでカーブが上手くなる!

sawa

カーブを曲がるのが怖い!カーブがあると怖くて転倒しそう!

 

熟練のライダーでも意外と多いのが「カーブを曲がるのが苦手」

 

カーブが上手く曲がれない人のポイントとしては

  • タイヤが滑りそうで怖い!
  • スピードを出すのが怖い!
  • 道路からはみ出しそうで怖い!

 

私のバイク乗り始めの頃は,カーブでは道路からはみ出しそうでカーブ前で極端にスピードを減速してしまい,それが原因で車体が不安定となり転倒しそうになってしまうことが多かった!

 

そこで今回は「カーブが上手に曲がれるようになるコツ」を紹介します。

 

カーブを曲がるときは「アウト・イン・アウト」が基本!

カーブを曲がるときは,「アウト・イン・アウト」が基本となる。

 

カーブの手前では,アウト側から侵入しコーナリング中はイン側に寄っていき,コーナーを出る時はアウト側に寄っていく走り方!

 

この走り方をすることでコーナリングに余裕ができ,上手にカーブを曲がるとこができる!

 

逆にインから侵入すると,コーナリング中〜コーナーを出る時にかけて膨らんでしまい道路からはみ出してしまう可能性がある。

 

そして1番大切なのは,カーブに適したスピードで曲がること!

 

速すぎても遅すぎても道路からはみ出したり,転倒したりして大きな事故につながる。

 

適切なスピードが怖さを軽減させる!

 

「イン」を意識しすぎない!

 

「アウト・イン・アウト」のインを意識すぎるあまり,センターラインのギリギリを攻めてコーナリングするライダーをよく見かける。

 

特にスーパースポーツのバイクで峠などを走っているライダーに多い!

 

インへの接近は対向車との接触の危険がある!

 

接触事故にならなくても,カーブでの対向車とのすれ違いは危険が高まりお互いにとってストレス!

 

センターラインのある道路でもインに寄ってしまいがちだが,センターラインがない道路では目安がなくなるためさらに危険性が高まる!

 

インを意識しすぎないということを考えると上の図での⑤–③−④での曲がり方が1番安全でオススメ!

 

カーブを上手く曲がるためのライディングフォーム!

  • 肘を軽く曲げる!
  • 腰を伸ばす!
  • 背筋を丸める!

 

カーブを曲がる時のライディングフォームは,背筋と腹筋を意識して腰を伸ばし,やや背筋を丸めたフォームが理想的なフォーム。

 

こうすることで前後左右の重心移動がしやすくなる。

 

肘の力は抜き,軽く曲げることで路面の凹凸など急な運転操作が必要な時でも臨機応変に対応ができるようになる。

 

また,長距離走行でも疲労しにくくなる。

 

まとめ!

いかがだったですか!

 

今回は「カーブを上手く曲がれるようになるコツ」を紹介しました。

 

「アウト・イン・アウト」を意識するだけでも,今までのカーブへの恐怖感を軽減することができると思うので参考にしてみてください。

 

少しでもこの記事を読んでくれた方の役に立てば嬉しいです。

 

インスタ・ツイッターもやっていますのでチェックよろしくお願いします。

 

ではでは〜今日はこの辺で〜またね〜( ^ω^ )

 

 END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です