ハーレーXL1200Xの艶消しブラックのお手入れ方法!

sawa

ハーレーのエンジン部分やダービーカーバーなどの艶消し部分(リンクルブラック)は,ほっておくと白っぽくぼやけてしまいバイク全体の締まりがなくなってしまう

sawa

何か良い方法はないかなぁ?

 

今回は「ハーレーの艶消しブラック(リンクルブラック)のお手入れ方法!!」を紹介します。

 

特に艶消し部分が多いスポーツスター乗りは必見です!

 

やっぱりハーレー純正品のケミカルが1番!!エンジンブライトナー!

エンジンの黒い部分!

 

何年も乗って行くうちに新車の時と比べると白く,くすんだ黒になってしまいます。

 

このくすんだ黒になってしまった部分を手軽に長い期間,黒光りさせるケミカルがあります。

 

それが「ハーレー純正品のエンジンブライトナー」

 

値段は2710円

 

少し高いような気がしますが,スプレーを吹くだけで手軽に黒光りさせることができるのでオススメです。

 

エンジンの艶消しブラック部分の汚れや,白っぽくなってしまった状態から黒く程よいツヤを作ることができます。

 

しかも,雨天走行時の汚れをエンジンブライトナーの撥水効果で防ぐことができます。

 

使い方は,エンジンやダービーカバー部分などの艶消しブラック部分(リンクルブラック)に吹き付けるだけで凄く簡単です。

 

エンジンブライトナーを使うことで,エンジンを新車のような色,ツヤで維持できます。

 

実際に使ってみたら新車の時のような黒光りを取り戻すことができました!

 

写真では,少しムラがあるところがありますが,エンジンブライトナーを吹きかけた後にウエスで吹いてあげるとムラは無くなります!

 

艶消し部分(リンクルブラック)を黒光りさせるとバイク全体の印象が引き締まり,カッコよくなりますね!

 

まとめ!

いかがだったですか!

 

今回は「ハーレーの艶消しブラック(リンクルブラック)のお手入れ方法!!」を紹介しました。

 

エンジンブライトナーの評価
品質
(4.5)
手軽さ
(5.0)
値段
(3.5)
総合評価
(4.0)

 

艶消し部分の多いバイクに乗っている人は,艶消し部分のお手入れ方法についてどうすればいいかと悩んだことがあるのではないでしょうか?

 

今回,紹介した方法はあくまでも私個人が実際にしているお手入れ方法であって,他にも良い方法があるかもしれませんが少しでも参考になれば嬉しいです!

 

ではでは〜今日はこの辺で〜またね〜( ^ω^ )

 

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です