<ハーレー乗り必見>デグナーの防水大容量サイドバッグ!急な大雨でも濡れない!

sawa

ハーレーにサイドバッグを付けて走るのはあまり好きじゃないけど,泊まりツーリングでリュックだけは肩が痛くなってかなり疲れる

 

sawa

おすすめのハーレー用サイドバッグはないかな?

 

ハーレーの外観を損なうような気がして私自身,ハーレーにサイドバッグを付けて走るのはあまり好きではない。

 

でも,さすがに長距離ツーリングでリュックだけでは肩が痛くてヤバいので,ハーレーに似合うサイドバッグがないか探してみた。

 

今回ハーレー用のサイドバッグを選ぶポイントとしては!

  • 防水仕様であること!
  • ある程度荷物が入る!(大容量)
  • 取り付けが簡単!
  • ハーレーに似合う!

 

この条件をクリアする良さそうなハーレー用サイドバッグを見つけてしまった。

 

それが「デグナーのウォータープルーフサイドバッグ」!

 

デグナーといえば老舗ブランドで有名。バイク用のライダースジャケットなどの皮革製品やバッグなどを中心に製造販売している。

 

今回は,私がハーレー用に買おうか悩んでいるサイドバッグ「デグナーの防水大容量サイドバッグ」の紹介をしていく。

 

デグナーウォータープルーフサイドバッグ NB-148

 

デグナーのサイドバッグといえば,レザーのサイドバッグが有名。レザーは使え込めば使い込むほど革の経年変化を楽しむことできてカッコいいのだが,結構値段が高い。

 

今回,紹介するデグナーの新作は防水素材を使ったタイプのモノで値段もリーズナブル!

 

値段は7452円!!

 

容量は18リットルの荷物がたっぷり入るサイズで,1泊程度なら全然問題なく使えそう。

 

開口部を巻いてバックルで留めれば水の侵入を防ぐことができる。

 

アマゾンで別タイプのデグナーウォータープルーフサイドバッグの評判を確認したが、防水に関してはかなり良い評価を得ている。

 

デグナー防水サイドバッグ紹介動画!

車体取り付けベルトやアジャストベルトが付属するので,サイドバッグだけでなくバックパックとしても使えるようになっている。

 

簡単に取り外せて荷物を宿泊部屋に持ち込めるのはかなり安心できる。かなり便利!!

 

カラーはブラックとカーキの2色展開になる。

 

個人的にはやっぱりブラックが欲しいなと思う。愛車のハーレーがブラックカスタム仕様なので!

 

 

個人的に気になる点は取り付け方!シングルシートでも取り付けできるの?

デグナーウォータープルーフサイドバッグNB-148は取り外しが簡単にできると説明しましたが,個人的には取り付け方法が気になる。

 

デグナーウォータープルーフサイドバッグNB-148の取り付け方法は,バイクのリアシートとリアフェンダーの間に付属品のシートアジャストベルトを挟んで固定するようになっている。

 

シートアジャストベルトのフックとデグナーウォータープルーフサイドバッグ本体のD環を接続して固定完了となる。

 

デグナー防水サイドバッグ取り付け参考動画↓↓

 

リアシートがあるバイクでは問題ないですが,そもそもが私のハーレーにはリアシートがない!!!!

 

ネットで調べてみるとデグナーウォータープルーフサイドバッグをカラビナでバックサポートに固定して問題なく使っている人もいるらしい。

 

カラビナでしっかり固定できて問題なく使えれば買うんだが……….!

 

実際に,ハーレーのシングルシート仕様でデグナーウォータープルーフサイドバッグNB-148を使っている人,取り付け方や使用感など教えて頂けると嬉しいです。コメントお待ちしております。

まとめ!

いかがだったですか!

 

今回は愛車のハーレー用にサイドバッグを買うか悩んでいる「デグナーの防水大容量サイドバッグ」を紹介をしてみた!

 

少しでも読んでくれた方の参考になれば嬉しいです。

 

インスタ・ツイッターもやっていますのでチェックよろしくお願いします。

 

コメントもお待ちしています。

 

ではでは〜今日はこの辺で〜またね〜( ^ω^ )

 

 

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です