秋の紅葉ツーリングに準備しておきたいバイクジャケット!

秋にツーリングをする時,春夏用のバイクジャケットを着ていると肌寒いと感じてしまうこともあります。

 

紅葉を見に行く際にツーリングをしようと考えているのであれば秋に着られるバイクジャケットを用意しておきましょう。

 

今回は「秋冬ツーリングにオススメのバイクジャケット」を紹介します。

バイクジャケットは機能性で選ぶべし!

 

 

バイクジャケットは,どれも同じだと思っていませんか?
かつて,私もそうでした。

 

しかし,バイクジャケットはライダーにはとても重要な物ですので実用性を重視して選ぶと良いでしょう。

 

寒さを感じさせてしまう時期外れのバイクジャケットを着ているとツーリングが楽しめなくなり,寒さを感じてしまうと長時間走れなくなってしまうこともあります。

 

最近のバイクジャケットは防寒用としてだけでなく、防水透湿機能がついている物も販売されています。

 

水分を吸収して発熱する素材を使っていて、急に雨が降っても濡れることもなく、ツーリングを思う存分に楽しめます。

 

RSタイチ(アールエスタイチ)バイクジャケット 

 

バイクジャケットにはショート丈やロング丈,レザータイプやカジュアルタイプなどもありますので自分にピッタリなジャケットを見つけましょう。

 

動きやすさを重視したいならショートタイプ!?

ライダーの場合,ツーリングをしている時やバイクから降りた時バイクジャケットを着たまま行動をするという人が多いです。

 

こういった場合は,機能性よりも動きやすさを重視した方が良いでしょう。

 

ショートタイプのジャケットはロングタイプの物に比べて動きやすく、ある程度の寒さであれば十分に防げます。

 

秋はそこまで寒いわけではないので,日中のツーリングであればこれ1枚で十分でしょう。

 

一方でレザータイプは動きにくく秋は暑いと感じてしまうことがあり、カジュアルタイプはスポーツバイクには合いません。

 

どんなバイクでも似合うバイクジャケットはショートタイプがオススメと言えるでしょう。

 

まとめ

いかがだったですか!

 

今回は「秋冬ツーリング用のバイクジャケット」を紹介しました。

 

秋に着るバイクジャケットのオススメポイントを紹介しました。

 

夜間に走る時は,秋用のバイクジャケットだと薄くて寒さを感じてしまうこともあります。

 

夜間は冬用のバイクジャケットを着て移動した方が寒さを感じないのでオススメです。

 

また、夏用のバイクジャケットの下にインナーなどを着て寒さ対策をするのも良いでしょう。

 

あえて購入しなくても、春夏用のジャケットを着まわして暑い時にインナーを脱げるようにしておくと、実用性がアップします。

 

寒さが気になり始めたら、薄い素材でできているヒートテックを活用してみるのも良いかもしれません。

 

ではでは〜今日はこの辺で〜またね〜( ^ω^ )

 

 END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です