バイク走行での事故を防ぐためにこれだけは知っておきたいこと

sawa

やっぱり,みんなと走るツーリングは楽しいなぁ〜!でも,ツーリング中にウトウトしてしまう!

やっぱり長時間のツーリングは頭がぼーっとしたり,眠くなったりすることが結構あって危ないなぁ

高速道路を利用してロングツーリングをする時,ライダーにとって大敵なのが集中力の低下です。

 

ロングツーリングでの疲労や眠気なども集中力低下の原因ですが,ツーリング中の走り方もその原因の1つになっています。

 

高速道路は目的地への時間短縮には便利ですが,走行中は景色の変化がなく,単調に走り続けることになり頭がぼーっとしてきたり,眠気に襲われたりします。

 

そこで今回は「バイクツーリングで高速道路を走る際に集中力をキープする3つのポイント」を紹介します。

バイク走行中,集中力をキープする3つのポイント!

バイクツーリングは同じ位置,同じペースで単調に走らない!

まっすぐ伸びた道路,そして変化のない景色。

 

ロングツーリングで高速道路を利用して走っていると,どうしても単調な走行になりやすく,集中力が下がってしまいます。

 

そんな時は,速度に変化をつけたり,追い越し車線へのレーンチェンジなどで走行位置をたまに変えて集中力を維持しましょう!

 

ロングツーリングはガムを噛んで集中力UP!

 

私はロングツーリングで眠くなってきたらガムを噛むようにしています!

 

これはバイクツーリングだけでなく,車を運転する時にもよくしています!

 

特に高速道路みたいな単調な走行が続くと眠くなります!

 

そんな時はガムが集中力を高め,眠気を防止してくれます。

 

ガムを噛むことは脳の活性化に繋がり集中力UPが期待できるみたいです。また,ミント系の「スゥ〜〜」とするガムは眠気への防止にも役に立ちします。

 

個人的にはロングツーリングなどで眠気や集中力が落ちてる時はガムを噛むことが一番効果があると感じてます。

 

バイクツーリングでの走行は前方視界をしっかりと確保する!

 

バイクツーリングで高速道路を利用して走る時は,スピードが出ているため,いざという時に危険回避がしにくいのもあります。

 

バイクツーリングで高速道路を利用される時は,危険回避できる確率を上げるためにも前方の視界確保,車間距離をしっかり取るようにしましょう。

 

前方の視界が遮られるとボーっとしたり,眠くなる原因にもなるので大型トラックの後ろなどは走らないよう注意が必要です!

 

前方車とは適度な車間距離を取り,左右どちらかに寄って前方視界を確保することがバイクツーリングでは大事です。

 

そうすれば不測の事態にも対応できます。

まとめ!

いかがだったですか!

 

今回は「バイクツーリングで高速道路を走る際に集中力をキープする3つのポイント」を紹介しました。

 

バイクツーリングの場合は集中力低下はすぐ事故に繋がる可能性が大です。

 

上記で紹介したポイントはあくまでも私の経験談ですが少しでも参考になれば嬉しいです!

 

バイクツーリングは自分に合った走り方で走りましょう!

 

ロングツーリングで疲労を感じた場合はすぐに休憩をして無理のない走りを心がけましょう!

 

ではでは〜今日はこのへんで〜また明日〜( ^ω^ )

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です