バイクのエンジンがかからない時に注意すべき4つのポイント

sawa

バイクのエンジンがかからないんだけど!!原因は何?

バイクのエンジンがかからない時はどうしたらいいの?

 

 

バイク乗りは一度はバイクのエンジンがかからなくて困った経験はありますよね!

 

いざバイクのエンジンがかからないとパニックになりがちですけど落ち着いて冷静になれば大体はエンジン始動できます!

 

今回は「エンジンがかからない時の原因と対処方法」を紹介します!

 

これさえ読めばいざという時に役に立ちます!

大事なのはバイクに前乗ったのはいつなのか?というコト!

バイクのエンジンがかからないと言っても,いつから乗っていなかったか(以前エンジンがかかっていたのはいつなのか)によってエンジンがかからない原因が変わってきます。

 

注意
バイクに乗らない時間が長ければ長いほどエンジンがかからない原因が増えます!

 

ついさっきまでバイクに乗っていた!

一休みしたらバイクのエンジンがかからなくなってしまった。

 

そんな場合は,ほとんどがバッテリー上がりか単純な安全装置の操作ミスがほとんどなんです!

 

昨日まではバイクのエンジンがかかっていた!

ほんの数日前まで問題なく走っていた場合!

 

こんな時は大きな問題は考えにくいです!

 

この場面についても,バッテリー上がりか安全装置の操作ミスがエンジンがかからない原因のことが多いです!

 

バイクに乗ったのはずっと前だ!

 

かなり長期期間バイクに乗っていなかった場合は,バッテリー上がりは当然として,タンク内のガソリンが腐っていることも多いです。

 

また,保管状況が悪ければ,故障原因も増えていきます。

 

例えば,電気系パーツの水漏れによる破損などです。

 

そんな場合は無理せずショップにお願いするのをオススメします。

バイクのエンジンがかからない時の4つの注意するポイント!

バイクのエンジンがかからない時の原因として意外と多いのが安全装置の操作ミス!

 

キチンと操作をしていても,電気接点の接触不良もあるので,しっかり確認してみよう!

 

バイクのキルスイッチは必ずON(RUN)

注意するポイント
『もっとも多いキルがOFF』

当たり前のことですがキルスイッチがOFFになっていればエンジンはかかりません。

 

そのため,真っ先に確認すべきはキルスイッチがOFFになっていないか!

 

自分でOFFにしてなくても,何かが当たってOFFになる場合やイタズラなどでキルスイッチがOFFになっていることも多いです。

 

バイクのサイドスタンドは上がっているかチェック!

注意するポイント
『サイドスタンドがちゃんと上がっているか確認』

ギヤがニュートラル以外に入っている場合,サイドスタンドを跳ね上げていないとエンジンがかからない車種が多いです。

 

上がっていても,スタンドが中途半端な場所で止まっている場合も多いので,もう一度確認しよう。

 

バイクのクラッチレバーを握ること!

注意するポイント
『スイッチの接触不良や作動不良も疑ってみる』

ギアがニュートラル以外に入っている場合,クラッチを切らないとエンジンが始動しないバイクは多いです!

 

また,ニュートラルでもクラッチを切らないとエンジンの始動ができないバイクもあります。
安全スイッチの接触不良なども考えられるので,何度か握ったり離したりを試してみよう。

 

バイクのギヤはニュートラルか確認!

注意するポイント
『ランプが点灯していてもニュートラルじゃないかも』

ギヤはニュートラルに入れた状態で始動するのが基本。まずは本当にニュートラルになっているか確認しよう。

 

ニュートラルランプが点いている場合でも,ギアがニュートラルに入っていない場合もあるので注意が必要です!

 

それでもバイクのエンジンがかからない場合はこれをチェック!

セルの回りが弱い場合!

カチカチと音がするけどエンジンがかからない時は,大体がバッテリー上がりが原因です!

 

セルが回らない場合!

セルが回らない場合のエンジントラブルでは,バッテリー上がりかヒューズが切れているかが原因のことが多いです!

 

インジケーター,ウインカー,テールランプは点灯するか?確認してみましょう!

 

セルが回る場合

燃料が入っているか確認しましょう!

 

基本的なことですが意外と多いです。

 

キャブレター車の場合は燃料コックがONになっているかを確認しましょう。(燃料が少ない時はRESまたはPRIの位置に変えてみる)

 

MEMO
これでもエンジンがかからない時はバイクショップにお願いしよう!

 

まとめ!

いかがだったでしょうか!

 

今回は「エンジンがかからない時の原因と対処方法」を紹介しました。

 

読んでもわかるようにバイクエンジンがかからない原因は意外とライダーの初歩的なミスが多いんです!

 

エンジンがかからないなどのバイクトラブルやバイク事故では落ち着いて冷静に行動することが凄く大事です。

 

私もなんどもエンジンがかからなくてパニックになったことがありましたが,その原因はキルスイッチがOFFになっていたこととギアがニュートラルでなくてローに入っていたことが原因でした。

 

冷静になれば分かることですが,どうしてもエンジンがかからないとなるとパニックになってしまいます。

 

パニックにならないようにするためにもバイク初心者の方には事前にこの記事を読んで心に余裕を持っていてほしいと思います。

 

バイク乗りは一度は経験することだと思うので,バイク初心者の方に少しでも参考になれば嬉しいです!

 

ではでは〜今日はこの辺で〜またね〜( ^ω^ )

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です