スポーツスターのオイルフィルターは毎回交換が必要?

sawa

ハーレーオイル交換時のオイルフィルターって毎回交換が必要なの?

ハーレーにオイルフィルターってそもそもどこについてるの?なんの意味があるの?

 

今回は「ハーレーオイル交換時のオイルフィルターの交換時期と役割について」を説明します。

 

最後にはオイルフィルターの交換手順も紹介します!

オイルフィルターってなに??どこの部分なの?

そもそもオイルフィルターって見たことありますか?

 

自分でオイル交換をする人はご存知だと思いますがショップにハーレーのオイル交換を頼んでいる人などは知らない人も多いと思います。

 

ハーレーにはこんなとこにオイルフィルターが!!

⬆️⬆️ハーレースポーツスターのオイルフィルターはエンジンの前方に設置されています!

 

オイルフィルターを取り外すとこんな感じになります⬇️⬇️

 

オイルフィルターの役割とは?実は凄く重要なパーツ!

オイルフィルターの役割は簡単に言うと【ろ過装置】です!

 

オイルフィルターはエンジン内部を循環するエンジンオイル内に混入する金属粉などの不純物を取り除き,エンジン内に綺麗なオイルだけを供給できるようにする役割があります!

 

オイルフィルターがないと大変なことに!

エンジンオイルは使用しているうちに酸化していき,金属の磨耗粉や空気中のゴミ,カーボンなどで汚れていきます!

 

特に新車時は擦れ合う金属部品が馴染んでいないため,金属粉が発生しやすくなります!

 

エンジンオイルに混入した異物は,オイルが通る細かい通路を詰まらせてしまう可能性があります。

 

詰まってしまうとオーバーヒートの原因や焼き付きの原因になります!

 

エンジンの故障に繋がるということです!

 

そうならないようにオイルフィルターが設置されています!

焼き付きとは

油圧の低下などの原因や、エンジンオイルの品質・管理不良などの原因で、普段シリンダーとピストンの間にある油膜が一瞬でも無くなる事で過剰な摩擦熱が発生して両者が溶着、そのままエンジンの回転が完全停止してエンジンストールに至るか、溶着部分が回転力で剥がれる事でシリンダー又はピストンに傷が入る現象の事である。

 

オイルフィルターはカートリッジ式とインナー式の2種類がある!

オイルフィルターには2つの種類があり,現在ではケースとエレメントが一体になった「カートリッジ式」が主流になっています!

 

スポーツスターのオイルフィルターはカートリッジ式です。

 

カートリッジ式は,交換作業が簡単で作業ミスが起こりにくいのが特徴です。

 

一方,エレメントのみを交換する「インナー式」は,交換部品の価格はリーズナブルですが,エレメント本体やパッキン・スプリング類を確実に組み立てる必要があり,手間がかかるのが特徴です!

 

オイルフィルターは消耗品!定期的な交換が必要!

オイルフィルターはカートリッジ式,インナー式いずれも消耗品で定期的な交換が必要になります。エンジンオイル交換の2回に1回は交換が必要です。

 

私もエンジンオイル交換の2回に1回はオイルフィルター交換しています!

 

オイルフィルターを交換せずにずっと使っているとエレメントが詰まってしまい,エンジンに大ダメージを与えてしまいます!

 

一応エレメントが詰まっても大丈夫なように応急処置としてフィルターが詰まってもバイパスバルブが自動的に開きオイルの通路を確保するように設計されています。

 

その際はエレメントを通過ぜすに汚れたオイルがエンジン各部にいくことになるので結果的に上記でも説明したようにオーバーヒート,エンジン焼き付きの原因になります!

 

ここまで読めば定期的なオイルフィルターの交換が大事なことがわかりますよね!

 

ハーレーのオイルフィルター交換時に必要なモノを紹介!

オイルフィルターを交換するには以下のモノが必要になります。

  • ラチェットハンドル
  • エクステンション
  • フィルターレンチ
  • オイル処理箱

 

以上が必要になります。

 

おそらく自分一人でハーレーのエンジンオイル交換する人は1と2と4はすでに持っていると思うのでフィルターレンチのみを準備することになります!

 

これがないとオイルフィルターを外すことができません。

 

こんな感じで使います⬇️⬇️

ハーレーオイルフィルターの交換手順を紹介!

  1. オイルフィルターの真下にオイル受け皿を準備しておく!
  2. フィルターレンチでオイルフィルターを緩める!
  3. 新しいオイルフィルターを用意し,エンジンオイルをオイルフィルターの中に少量注ぎ入れておく!
  4. 新しいオイルフィルターのリップ部(ゴムの部分)に,指で薄くエンジンオイルを塗っておく!
  5. 新しいオイルフィルターを取り付ける!

 

 

オイルフィルターは手で締め込むのが基本!ただし,締め付け不足になることがあるので最後にフィルターレンチで軽く締める。

 

フィルターレンチで締める場合は締め過ぎに注意が必要!ガスケットが当たってから半回転ぐらい締めるのがコツ!

まとめ!

いかがだったでしょうか!

 

今回は「ハーレーオイル交換時のオイルフィルターの交換時期と役割について」紹介しました。

 

ハーレーのオイル交換などの日常点検を自分一人ですることで愛車ハーレーへの知識も深めることができるので,まずは簡単なことから愛車ハーレーの日常点検を始めてみるのがオススメです。

 

ハーレーのオイル交換など少しずつでも自分のバイクをイジれるようになったら凄く楽しくなりますよ!

 

私もまだバイク知識は素人なので,このブログを読みに来てくれている人と一緒にバイクのことを勉強していけたらと思っています!

 

これからもよろしくお願いします!

 

ではでは〜今日はこのへんで〜またね〜( ^ω^ )

END

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です